サッカーと政治

本日5月4日はマドリード州知事選挙。


各地区の投票所の学校前では朝から長蛇の列が!

今日は本来は平日。日本のように日曜日が投票日ではなく平日に投票するのもスペインらしい!

なので子どもらは今日学校ありません。

今回のマドリード州知事選挙はコロナ対策をどうするかが大きな論点になっていました。

普段は政治に興味のない僕もコロナは気になる。

というのもマドリード州はスペインの中で飲食店の営業を夜11時まで許可しており他の州に比べて緩和されています。

サッカーも同様でアマチュアサッカーが中止になったカタルーニャ州やバレンシア州とは違い、マスク着用義務はあるもののリーグ戦ができる状態。すでに終盤差し掛かっているのでこのままシーズン終われそう。

と思っていたけれどこの選挙で事情も変わるかもしれない!!

今の州知事の政策が上に書いたことだったのですが、もし今回の選挙で政党が変われば他の州のようにもっと厳しい措置がとられる可能性がある。

そうなればリーグ戦中止に!?!?

州知事になる政党によってはそんな可能性のある今回のマドリード州知事選挙なのです。