ホームステイ

留学を決めたら次に決めることは「住」ですね。

基本的に留学1年目の場合はホームステイを勧めています。

それは慣れない環境での生活とサッカーで疲れているところに家のことまでしなければならないとなると留学生の負担は計り知れないからです。

ホームステイでは1人1部屋を与えてもらい、食事と洗濯、掃除を主にお世話してもらいます。

ホームステイ先の家族構成は様々で子どもがいたり、ペットがいたり、2世帯で暮らしていたりします。

中には大きなテラスがある家なんかも!

ホームステイ先に関しては基本的にはこちらから勧めるところに入居していただきます。

ペットだけはアレルギーの関係もあるので考慮にいれます。

スペイン人は皆優しくておおらかな人も多いのですぐに仲良くなれるとおもいます。

ホームステイはよいところが多いです。

ご飯、洗濯はもちろんのこと、ホームステイ先家族との会話でスペイン語の上達も計れます。何よりもスペインで生活しているという実感がすぐにわくと思います。

悪い点をあげるとすれば家賃でしょうか。

だいたいひと月10万〜13万の費用が家賃としてかかります。

ただし食事・洗濯・掃除・全ての水道・光熱費が入っていることを考えればそこまで高くはないのではないでしょうか。

ホームステイにしてもシェアハウスにしても他人と住むことになれない人もいると思います。

それでもサッカー留学で来た場合ホームステイという選択肢は必要不可欠なオプションであることは間違いありません。